diary

 

まえがき

既存のブログはだいぶほったらかしになってしまいまして、ちょっと気分を変えてここでつぶやきます。次に書くときは前のは消す、というやり方でやってみてます。

 

2020年3月7日

天川神社から帰ってすぐに嬉しいお仕事の依頼をいただき喜んだのもつかの間、住まいの外階段から転げ落ちてガッツリ捻挫しました…。痛みでしばらく立ち上がれず、一瞬の出来事に「何か知らんが足はエライことになってる」と混乱しながらもふと、陰陽とはこういうことかなどとよぎってもいた笑。前夜、家のカギに付けた五十鈴が、転がり落ちるときに妙に目についたもの。

そこからすぐ予定をキャンセルして昔通った整骨院に。幸い反対側の右足首は無事だったので車の運転はできましたが、膝や手首も痛めてしまったのでしばらくは仕事どころか日常生活が大変でした。立ったり座ったり着替えたり、お風呂やトイレ、小さな段差。健康な時には忘れている当たり前のことは、一瞬で当たり前じゃなくなることもあるんだよと教えられた気がしました。私の足はここから回復していくだろうけど、例えばそうじゃなかったら?治らない怪我だったならば、好きな旅行も山に行くこともこれまでのようには無理だろう。そのうちやろうだなんて後回しにしていること、いつかできるだろうと慢心していたらいつでも取り上げちゃうからね。と神様に言われたようで苦いけれど良い薬になりました。

もう一つ神社から派生した流れがあって、興味の赴くままに、とあるアロマセラピストさんのセミナーに行ってまいりました。香りと脳の関係とか、植物のエネルギーを生きたままに作られる本物の精油の話などなど、地にしっかり足の着いた内容で本当に目から鱗でした。ここ数年あれこれ心で学ぶことはあっても、体を疎かにしていたなと思っていたところだったので、ここからまた新たに視点を変えて身体の健康にフォーカス。転んでもシュタッと着地できるような運動能力を身に着けるのだ。

 

tento